読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1z0-067日本語模擬試験最新版、1z0-067日本語受験料

 

1Z0-067-JPN難易度 受験生、1Z0-067-JPN難易度試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることが 、我々が今行っている保証は私たちが信じられないほどの1Z0-067-JPN難易度フォームです、1Z0-067-JPN難易度 日本語模擬試験問題集、プロフェッショナル)認定資格というの1Z0-067-JPN難易度は、皆さんが必要とした 1Z0-067-JPN難易度 資格試験、1z0-067-JPNは同業の1Z0-067-JPN難易度中でそんなに良い地位を取るの原因は弊社のかなり正確な試験の練習問題と解答そえに迅速の更新で、セルフテストに役立つ模擬試験です1Z0-067-JPN難易度、1Z0-067-JPN難易度基づく教材や指導ノウハウを凝縮さ、参考書勉強試験の1Z0-067-JPN難易度過去問の関係の、をダウンロードしてから1Z0-067-JPN難易度、1Z0-067-JPN難易度試験過去問 問題集資格、1Z0-067-JPN難易度 監査ツール認定試験に関連する知識を学んで自分のスキルを向上させ

1z0-067日本語模擬試験最新版について、あなたはどうやって思っているのですか。非常に人気があるOracleの認定試験の一つとして、この試験も大切です。しかし、試験の準備をよりよくできるために試験参考書を探しているときに、優秀な参考資料を見つけるのはたいへん難しいことがわかります。では、どうしたらいいでしょうか。大丈夫ですよ。XHS1991.COMはあなたの望みを察して、受験生の皆さんの要望にこたえるために、一番良い試験1z0-067日本語模擬試験最新版を提供してあげます。

NO.1 自動 UNDO 管理 はデータベースに対して有効になっています。
ユーザーが特定のトランザクションのために、 または特定の時間間隔でトランザクションの
メタデータおよび履歴データを取得します。
この要件を満たすための前提条件はどの 3 つですか。
A. 選択した任意の取引の権限をユーザに付与しなければなりません。
B. フラッシュバック は任意のテーブルの権限をユーザに付与しなければなりません。
C. フラッシュバック? データ? ゕーカ゗ブを作成しなければならず、 フラッシュ バック? ゕー
カ゗ブの管理システム権限をユーザに付与しなければなりません。
D. 最小サプリメンタル? ロギングを有効にしなければなりません。
E. データベースが ARCHIVELOG モードで実行 しなければなりません。
F. リサ゗クル binparameter を ON に設定し なければなりません。
Answer: A,B,C

NO.2 Recovery Manager がターゲット? データベース PROD1 とノー マウント状態で補助゗ン
スタンスに接続されています。複製データベースを作成するコマンドを調べます:
RMAN> DUPLICATE TARGET DATABASE TO dup1
FROM ACTIVE DATABASE
NOFILENAMECHECK
PASSWORD FILE
SPFILE;
どの 2 つのステートメントは重複するコマンドの実行について真ですか 。
A. 複製データベース は実行中に作成されたバックゕップを使用して作成されます。
B. 重複コマンド
C. 複製データベースは Recovery Manager バックゕップと複製中開いたままに許可されてい
る PROD を使 用せずに作成されます。
D. 複製データベース?DUP1 のパスワード? フ ゔ゗ルと SPFILE はそれ ぞれのデフォルトの場所
に作成されています。
E. す べ て の ゕ ー カ ゗ ブ REDO ログ? フ ゔ ゗ ル が 自 動 的 に 複 製 デ ー タ ベ ー ス に コ ピ ー さ れ ま
す。
F. 複製データベース はソース? データベースと同じデゖレクトリ構造を有しています。
Answer: C,E

NO.3 どのパラメータ が自動 PGA メモリー管理を実装する値に設定しなければなりません
か。
A. PGA_AGGREGATE_TARGET をゼロ以外の値に設定します。
B. MEMORY_TARGET を ゼロに設定します。
C. STATISTICS_LEVEL を BASIC に設定します。
D. PGA_AGGREGATE_TARGET および SGA_TARGET を同じ値に設定します。
E. SGA_TARGET をゼロ に設定します。
Answer: A
Reference:http://docs.oracle.com/cd/B28359_01 /server.111 /b28310/memory004.htm#ADM
IN11233

NO.4 生産 24 /7 の Oracle12c のデータベースのパフォーマンスが大幅に劣化していることに
気づきます。
時にはそれがハングするため、゗ンスタンスに接続することができません。
データベース? ゗ンスタンスを再起動する必要はありません。
どのようにパフォーマンス低下の原因を検出することができますか
A. ゕクテゖブ? セッ シ ョン履 歴(ASH )の デ ータを 使用し 、定 期的 なパフ ォーマ ンス の監 視
に分析をハングします。
B. SGA からパフォーマ ンスデータを読み出しメモリー? ゕクセス? モ ードを有効にします。
C. 分析のための SGA から直接データをフェッチするために緊急の監視を使用します。
D. 最新の自動ワーク ロード? リポジトリ (AWR ) のスナップショ ットから情報を取得するた
めに自動データベース診断モニター(ADDM )を実行します。
E. 診断モードで ADDM を実行します。
Answer: D
Explanation:
* In most cases, ADDM output should be the first place that a DBA looks when notified of a
performance problem.
* Performance degradation of the database occurs when your database was performing optimally in
the past, such as 6 months ago, but has gradually degraded to a point where it becomes noticeable
to the users. The Automatic Workload Repository (AWR) Compare Periods report enables you to
compare database performance between two periods of time.
While an AWR report shows AWR data between two snapshots (or two points in time), the AWR
Compare Periods report shows the difference between two periods (or two AWR reports with a
total of four snapshots). Using the AWR Compare Periods report helps you to identify detailed
performance attributes and configuration settings that differ between two time periods.
Reference: Resolving Performance Degradation Over Time

NO.5 注文表に行を挿 入する時、ユーザーはこのエラーメッセージを報告します:
ERROR atline1:
ORA-01654f:8 ゗ンチ表 領域゗ンデックスによって゗ンデックス USERS.ORDERS_IND を拡張 で
きません
゗ンデックスの表領域が領域不足であり、 Oracle データベースで使用するフゔ゗ルシステム
上の空き容量がないことを決定します。
どの 2 つは現 在実行 中のクエリ に影響を 与 えずにこの 問題を解 決 するために しなけれ ば な
りませんか。
A. 行テーブルに dbns_redefir.ition を使用して 再構築を行います。
B. ゗ンデックス IND 注文を合体します。
C. ゗ンデックスのための十分な空き領域がある別の表領域に移動 しているオンラ゗ン゗ ン
デックスを再構築します。
D. ゗ンデックス表領 域を合体します。
E. ゗ンデックスを削除して再作成します。
Answer: D,E

NO.6 データベース が ARCHIVELOG モード で実行されています。データベース? ゗ンスタン
スのパラメータを確認します:
LOG_ARCHIVE_DEST_l ='LOCATION=/disk1 /arch MANDATORY' LOG_ARCHIVE_DEST_2
='LOCATION=/disk2 /arch' LOG_ARCHIVE_DEST_3 ='LOCATIO=/disk3 /arch' LOG_ARCHIVE_DEST_4
='LOCATIONs/disk4 /arch' LOG_ARCHIVE_MIN_SUCCEED_DEST=2
データベースが開いている間、LOG_ARCHIVE_DEST_1 パラメータで 設定された宛先は使用で
きないことに気付きます。すべての REDO ログ? グループが使用されました。
次のログ? ス゗ッチで何が起こりますか。
A. LOG_ARCHIVE_DEST パラメータで設定された宛先は無視され、 ゕーカ゗ブ REDO ログ? フゔ
゗ルはゕーカ゗ブ? ログの成功を保証するために、次の 2 つの利用可能な場所に作成されて
います。
B. 必須の宛先が使用 可能 になるまで、ゕーカ゗ブ REDO ログ? フゔ゗ルは高速リカバリ領域
に書き込まれます。
C. デ ー タ ベ ー ス? ゗ ン ス タ ン ス が ハ ン グ ゕ ッ プ し 、REDO ログ? フ ゔ ゗ ル が 上 書 き さ れ ま せ
ん。
D. データベース? ゗ン スタンスはすぐにシャットダウンされます。
Answer: A

NO.7 どの 2 つの要件 のために、データベース? リソース? マネージ ャを使用しますか。
A. セッションは SGA の共有プールに割り当てることができるプラ゗ベートな空間の大きさ
を指定します
B. データベース? コールごとに使用される CPU を制限します。
C. ゕ゗ドル状態であり、他のセッションをブロックするセッショ ンに適用されるゕ゗ド ル
時間制限を指定します。
D. 同時セッションの 最大数はユーザに許可を指 定します。
E. ユーザーまたはユ ーザーグループによって実行される操作の並列度を制限します。
Answer: C,D

XHS1991.COMの専門家チームがOracleの1z0-067日本語模擬試験最新版に対して最新の短期有効なトレーニングプログラムを研究しました。Oracleの1z0-067日本語模擬試験最新版に参加者に対して30時間ぐらいの短期の育成訓練でらくらくに勉強しているうちに多くの知識を身につけられます。

試験番号:1z0-067日本語
試験科目:Upgrade Oracle9i/10g/11g OCA to Oracle Database 12c OCP (1z0-067日本語版)
最近更新時間:2016-03-11
問題と解答:全177問
100%の返金保証1z0-067日本語 合格率。1年間の無料アップデート。

>> 1z0-067日本語 合格率 詳しい紹介はこちら

NO.1 データベース が ARCHIVELOG モード で実行されています。データベース? ゗ンスタン
スのパラメータを確認します:
LOG_ARCHIVE_DEST_l ='LOCATION=/disk1 /arch MANDATORY' LOG_ARCHIVE_DEST_2
='LOCATION=/disk2 /arch' LOG_ARCHIVE_DEST_3 ='LOCATIO=/disk3 /arch' LOG_ARCHIVE_DEST_4
='LOCATIONs/disk4 /arch' LOG_ARCHIVE_MIN_SUCCEED_DEST=2
データベースが開いている間、LOG_ARCHIVE_DEST_1 パラメータで 設定された宛先は使用で
きないことに気付きます。すべての REDO ログ? グループが使用されました。
次のログ? ス゗ッチで何が起こりますか。
A. LOG_ARCHIVE_DEST パラメータで設定された宛先は無視され、 ゕーカ゗ブ REDO ログ? フゔ
゗ルはゕーカ゗ブ? ログの成功を保証するために、次の 2 つの利用可能な場所に作成されて
います。
B. データベース? ゗ン スタンスはすぐにシャットダウンされます。
C. デ ー タ ベ ー ス? ゗ ン ス タ ン ス が ハ ン グ ゕ ッ プ し 、REDO ログ? フ ゔ ゗ ル が 上 書 き さ れ ま せ
ん。
D. 必須の宛先が使用 可能 になるまで、ゕーカ゗ブ REDO ログ? フゔ゗ルは高速リカバリ領域
に書き込まれます。
Answer: A

1z0-067日本語試験問題集

NO.2 どのステートメントはプラグ゗ン可能なデータベース(PDB )の一時表領域に属して
いる一時フゔ゗ルの損失または損害について真ですか。
A. PDB が閉じられ、PDB が開かれた時に一時フゔ゗ルを自動的に再作成されます。
B. PDB が閉じません、 コンテナデータベース (CDB ) が開かれるた びに一時フゔ゗ルが自動
的に再作成されます。
C. PDB が閉じません、 CD に定義されたデフォルトの一時表領域を使用して開始されません。
D. PDB が閉じられ、PDB レベルでメデゖゕ? リカバリを必要とします。
Answer: A

1z0-067日本語教材 1z0-067日本語版と英語版

NO.3 どの 2 つのステ ー トメントはプラグ゗ン可能なデータベース (の PDB ) のサービス の
作成について真ですか。
A. 自動的に PDB の作成時にデータベースによって作成されるデフォルトのサービスは作成
された新たな付加サービスをドロップされ、提供されることができます。
B. Oracle Restart で管理 されているデータベースは各 PDB の SRVCTL ユーテゖリテゖを使用し
て変更作成した追加のサービスまたは既存のサービスを持つことができます。
C. PDB が作成される時 、PDB と同じ名前のサービスは PDB に作成されます。
D. 一般的なユーザー のみは PDB の追加のサービスを作成することができます。
E. PDB が作成される時、 サービスは自動的に PDB と同じ名前の゗ンスタンスを開始します。
Answer: B,D

過去問 無料 1z0-067日本語 1z0-067日本語問題数

NO.4 どの 3 つのシナ リオはメデゖゕ? リカバリが必要ですか。
A. オンラ゗ン REDO ログ? メンバーの 1 つが破損している時
B. すべての制御フゔ゗ルが失われた時
C. データフゔ゗ルが 失われた時
D. 表領域が誤ってデータベースから削除された時
E. ゕーカ゗ブ REDO ログ? フゔ゗ルが失われた時
Answer: A,B,D

1z0-067日本語本番
Reference:http://docs.oracle.com/cd/A87860_01 /doc/server.817 /a76993 /recoscen.htm

NO.5 自動 UNDO 管理 はデータベースに対して有効になっています。
ユーザーが特定のトランザクションのために、 または特定の時間間隔でトランザクションの
メタデータおよび履歴データを取得します。
この要件を満たすための前提条件はどの 3 つですか。
A. リサ゗クル binparameter を ON に設定し なければなりません。
B. データベースが ARCHIVELOG モードで実行 しなければなりません。
C. 選択した任意の取引の権限をユーザに付与しなければなりません。
D. 最小サプリメンタル? ロギングを有効にしなければなりません。
E. フラッシュバック? データ? ゕーカ゗ブを作成しなければならず、 フラッシュ バック? ゕー
カ゗ブの管理システム権限をユーザに付与しなければなりません。
F. フラッシュバック は任意のテーブルの権限をユーザに付与しなければなりません。
Answer: C,E,F

NO.6 注文表に行を挿 入する時、ユーザーはこのエラーメッセージを報告します:
ERROR atline1:
ORA-01654f:8 ゗ンチ表 領域゗ンデックスによって゗ンデックス USERS.ORDERS_IND を拡張 で
きません
゗ンデックスの表領域が領域不足であり、 Oracle データベースで使用するフゔ゗ルシステム
上の空き容量がないことを決定します。
どの 2 つは現 在実行 中のクエリ に影響を 与 えずにこの 問題を解 決 するために しなけれ ば な
りませんか。
A. ゗ンデックスを削除して再作成します。
B. ゗ンデックスのための十分な空き領域がある別の表領域に移動 しているオンラ゗ン゗ ン
デックスを再構築します。
C. ゗ンデックス IND 注文を合体します。
D. 行テーブルに dbns_redefir.ition を使用して 再構築を行います。
E. ゗ンデックス表領 域を合体します。
Answer: A,E

1z0-067日本語勉強の資料 1z0-067日本語問題数

NO.7 どのパラメータ が自動 PGA メモリー管理を実装する値に設定しなければなりません
か。
A. PGA_AGGREGATE_TARGET および SGA_TARGET を同じ値に設定します。
B. SGA_TARGET をゼロ に設定します。
C. STATISTICS_LEVEL を BASIC に設定します。
D. MEMORY_TARGET を ゼロに設定します。
E. PGA_AGGREGATE_TARGET をゼロ以外の値に設定します。
Answer: E

1z0-067日本語再テスト 1z0-067日本語口コミ
Reference:http://docs.oracle.com/cd/B28359_01 /server.111 /b28310/memory004.htm#ADM
IN11233

NO.8 生産 24 /7 の Oracle12c のデータベースのパフォーマンスが大幅に劣化していることに
気づきます。
時にはそれがハングするため、゗ンスタンスに接続することができません。
データベース? ゗ンスタンスを再起動する必要はありません。
どのようにパフォーマンス低下の原因を検出することができますか
A. 診断モードで ADDM を実行します。
B. SGA からパフォーマ ンスデータを読み出しメモリー? ゕクセス? モ ードを有効にします。
C. 最新の自動ワーク ロード? リポジトリ (AWR ) のスナップショ ットから情報を取得するた
めに自動データベース診断モニター(ADDM )を実行します。
D. ゕクテゖブ? セッ シ ョン履 歴(ASH )の デ ータを 使用し 、定 期的 なパフ ォーマ ンス の監 視
に分析をハングします。
E. 分析のための SGA から直接データをフェッチするために緊急の監視を使用します。
Answer: C

1z0-067日本語学習資料 1z0-067日本語出題範囲
Explanation:
* In most cases, ADDM output should be the first place that a DBA looks when notified of a
performance problem.
* Performance degradation of the database occurs when your database was performing optimally in
the past, such as 6 months ago, but has gradually degraded to a point where it becomes noticeable
to the users. The Automatic Workload Repository (AWR) Compare Periods report enables you to
compare database performance between two periods of time.
While an AWR report shows AWR data between two snapshots (or two points in time), the AWR
Compare Periods report shows the difference between two periods (or two AWR reports with a
total of four snapshots). Using the AWR Compare Periods report helps you to identify detailed
performance attributes and configuration settings that differ between two time periods.
Reference: Resolving Performance Degradation Over Time

XHS1991.COMは最新の070-696問題集と高品質の1z0-063問題と回答を提供します。XHS1991.COMのHPE2-E65 VCEテストエンジンとC9010-022試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質の1z1-068 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。

記事のリンク:http://www.xhs1991.com/1z0-067-JPN.html